ブログ

2008.06.25

日記

台所の火災報知器は 熱式? 煙式?

先日朝のテレビ番組で、火災報知器についての特集がやっていました。

台所に熱式と煙式の両方を設置し、油を熱し続けたらどちらが先に鳴るのかという実験をしました。
油が熱され、煙が立ちのぼってきた所で、煙式が鳴り始めました。
その2分後、火が出て炎が天井まで上がった時、ようやく熱式が鳴りました。

この実験から、台所には煙式が向いている様です

ただ、マンションやアパートなどでは熱式が使われているそうです。
それは、最近のこういう建物では機密性が高いため、煙式では少しの煙でも鳴ってしまい
近隣住民に迷惑がかかるからだそうです。

また報知器の設置場所はとても重要です。
間違った場所に設置しては何にもなりません。

柘植建設では、火災報知器を買っていただいた方には
無料できちんと設置をさせていただいております。

消防法により義務化された今、設置をお考えの方はお気軽にご相談ください